茨城県牛久市を旅する際の人気スポット情報

牛久市の場所やアクセス

牛久市は茨城県の南部に位置する自治体で、東京都心の日暮里駅から茨城・福島を経由して宮城まで続くJR常盤線が市内を通っています。なお、常磐線の始発駅となっている日暮里駅は都心を一周するJR山手線の停車駅でもあるため、東京都内からも気軽に旅行に行けます。なお、日暮里駅から常磐線に乗車すると牛久市西部のJR牛久駅まで50分弱で到着しますので、1泊2日の旅行でもかなり長く現地に滞在する事が可能です。その他、圏央道の牛久阿見IC・阿見東ICが供用開始になったため、埼玉から圏央道を通って旅行に来る人も増えています。

最大の名所は牛久大仏

牛久市は身近な旅行先として東京都内在住者の間で人気上昇中ですが、人気の大きな要因となっているのが牛久浄苑という寺院内にある牛久大仏です。近年、旅番組・情報番組などを通じて牛久大仏の存在は一気に有名になったようなところがあり、仏像巡り好き・歴史好きの人がこの大仏を見るために牛久までやってきます。ただし、この牛久大仏は郊外エリアにあって牛久駅から歩いて向かう事はできません。もし牛久大仏を見る事を一番の目的として牛久旅行をする際は車を利用するのがおすすめで、圏央道の阿見東ICを出てから車でわずか3分です。一方、牛久駅からバスで向かう場合もそんなに時間はかからず、牛久浄苑行きの路線バスに乗車すれば30分で到着します。

宿泊施設は何処で探せばいいか?

大人気の牛久大仏のそばには宿泊施設がありません。日帰りではなく泊りがけの旅行をする際は牛久駅の周辺であれば、ビジネスホテルやシティホテルが点在しています。

ヤートラルートについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です